新築・引越祝いにも

新築祝いや引越祝いなど、新しい家に移ったときには、プレゼントはとても困ります。贈る側の趣味で置物などを贈っても、贈られた方の趣味もあり、あまり好きではないものであれば、ありがた迷惑にもなってしまいます。贈られたものを捨てるわけにも行かず、どこかに取っておくことになります。また贈った人が遊びに来たときに、それが置かれていないとやっぱりまずいところもあります。

例えば新築祝いに人気のある時計ですが、この場合も重々しい重厚なタイプをもらっても、贈られた方がシャープなタイプが好きだったら……。特に新築祝いや引越祝いはこのような行き違いが起こりやすいと言われています。そこでお祝い品を贈るなら、フラワー電報がおすすめ。花ならそんなに趣味の違いで困ることもないし、せいぜい2週間程度しか保ちません。後々残らないことこそ、良いということもあるのです。

しかし電報と花が贈られてくれば、贈ってくれた人の気持ちはしっかり伝わります。もちろんずっと残るものを贈る場合は、ブリザーブドフラワーなどのフラワー電報があります。しかしブリザーブドフラワーもやはり置物と同じようなもの。やはり新築祝いや引越祝いには生花のフラワー電報がおすすめです。

ブリザーブドもお勧め

フラワー電報と言っても生花とは違って、長期間飾っておくことのできるブリザーブドフラワー電報もあります。ブリザーブドフラワーは花の最高のときをそのままの状態で止めてしまう技術が施されているものですが、もともと生花を使用しているので、造花のような不自然さもなく、花の魅力をそのまま感じることができます。そして電報と一緒に送られた後、ブリザーブドフラワーならずっと飾っておくことができるのです。

結婚のお祝いにもおすすめ。新しいカップルには清楚な白のバラなどを中心に、ピンクや黄色などの明るいタイプを選んではいかがでしょう。また出産のお祝いなら「可愛い」というイメージのものがおすすめです。また赤ちゃんが女の子の場合はピンクや赤系のブリザーブドフラワー。男の子の場合はブルーや黄色を基調にしたブリザーブドフラワーがおすすめです。

そして弔電にもブリザーブドフラワーは喜ばれるはず。生の花の場合は葬儀場などに提携している花屋さんなどがあると、届けられない場合もありますがブリザーブドフラワーならそんな心配もいりません。白を基調に、ブルーや紫色をちりばめた品の良いものもたくさんあります。ブリザーブドフラワーなら葬式などが終わってからも仏壇などの近くに飾っておくこともできるので、後々利用できるのもメリットではないでしょうか。

フラワー電報の魅力

フラワー電報は今までの味気ない電報とは違って、もらった方もとても嬉しい気持になる電報です。とても新しい感覚の電報ですが、実は昔からあった電報とお花を送るというものを合わせただけのもの。でもこんな便利なものが何故今までなかったのでしょう。例えばお悔やみのときには電報と花輪などを送ることがありました。電報は電話で申し込み、花輪や花束などは花屋さんに連絡するなど面倒でした。しかしフラワー電報がスタートしてからは、好みの花を選んで同時に電報を発注することができるようになりました。

例えばお誕生日に会って「おめでとう」が言えないときには、素敵なバラの花束のフラワー電報なんていかがでしょう。たくさんの真っ赤なバラの大きな花束なんて、きっともらった方も嬉しいはず。他にも出産祝いにフラワーアレンジメントも人気です。病室に置くだけで明るい気持になります。

またお悔やみ用でもスタンドまで大きなものでなくていい場合はアレンジメントでもいろいろなタイプがあります。価格も自分の予算とあったものを選べます。品の良い白と紫の花が基調になった素敵なアレンジメントが揃っています。お葬式やお通夜などは家族の人は心も落ちているときです。電報とともに美しい花が届いたら、きっと心も癒されるのではないでしょうか。他にも就職祝い、入学祝い、引越祝い、結婚祝いなどいろいろなときに利用できるので、とても便利です。またなかなかお祝いのプレゼントを買いに行く時間がない人などにも是非おすすめです。